現場へ行く

現場へ行く

日本平夢テラス 「稼ぐ」ことを意識せよ!

富士山の眺望が売り物  静岡県と静岡市が整備した日本平山頂シンボル施設「日本平夢テラス」(静岡市清水区草薙)に出掛けた。法隆寺夢殿を模した八角形3階建て展望施設は1階展示エリア、2階喫茶ラウンジ、3階展望フロア、大型モニターによる富士山映像、約2百㍍の展望回廊デッキがあり、入場は無料だ。    整備費用は約17億円で年間約30万人の入場客を見込んでいる。芝生庭園の東側に建立されている梅原猛氏「国土は富士なり」、中曽根康弘氏「富士山」の2つの石碑が展望施設のコンセプトを語っている。「富士山の眺望を世界にアピールしたい」。川勝平太知事の思いが詰まった施設である。日本平夢テラスからの富士山眺望は絶景であるが、年間を通して富士山を眺望できるのは150日程度である。せっかく富士山の眺望を期待して、日本平夢テラスを訪れてもがっかりする場合も多いだろう。 「まずすべきことが山ほどある」  小西美術工芸社のデービッド・アトキンソン社長はビジネス書のベストセラー「新・観光立国論」(東洋経済新報社)の中で「静岡県は2015年になってから、日本平に記念碑を建てるなどして眺望のよさを世界中にアピールしていますが、それよりもまずすべきことが山ほどあるのではないでしょうか」と厳しい意見を述べていた。  せっかくの観光資源を持ちながら「多様性」という発想がないばかりに、その魅力を引き出すことができず、外国人観光客も多く訪れていない。そんな観光資源の代表が「富士山」だ、とアトキンソン社長は指摘する。「多様性」という視点で、観光コンテンツを一つひとつ考え、戦略的に「観光立国」にしていくための整備をすべきだというのだ。  外国人観光客の関心が高い「日本文化の体験」や「神社仏閣という歴史的資産」をしっかりと整備、日本人が守ってきた「文化財」を整備することが重要だというのが、アトキンソン社長の持論だった。 説明にある「本物」を見たいが?  翻って、日本平夢テラスを見てみよう。1階は「日本平」の歴史などを紹介するコーナーだ。日本平の地形の成り立ちをプロジェクションマッピング(立体物をスクリーンとして映像で見せる技法)で紹介、日本語のナレーションの他に英語、韓国語、中国語の表示があったので押してみると、音声が替わるのではなく、映画のサブタイトルのようにそれぞれの言語の翻訳が表示されるだけだった。外国人観光客には期待外れだろう。  厳島神社の平家納経とともに平安後期を代表する装飾経・国宝久能寺経(清水区の鉄舟寺蔵)のていねいな紹介があり、その美しい画像と素晴らしい説明を読めば、多くの観光客はぜひ、本物を見たいと考えるだろう。ところが、久能寺経は現在、東京国立博物館に預託され、鉄舟寺に展示されていない。 既存施設への影響は?  2015年12月、日本平までのアクセス等の社会資本整備が遅れているため、日本平展望施設の完成によってこれまで久能山東照宮、日本平ホテル等へ訪れていた観光客が、新施設等を巡回することで時間的制約から既存観光施設への訪問客の大幅な減少が予想され、危機的な状況に陥る可能性を指摘、既存施設への影響等ないことを要望した。静岡県担当課は、既存観光施設への影響はほとんどないと断言していた。当然、当時の担当者はすべて入れ替わっている。  このため中途半端な施設になってしまったのか?施設そのものは民間の指定管理者に委託する。つまり、税金で運営されていく。アトキンソン社長は日本の観光地(文化財)はもっと「稼ぐ」ことを意識せよ、と言っていた。富士山の眺望にお金を支払うことはないのだろうが、日本平は「名勝」というれっきとした指定文化財である。「多様性」を持たせて整備していき、ぜひ、多くの外国人観光客に訪れてもらうとともに、「稼ぐ」ことのできる観光地にすべきだ。  2015年6月に開かれた「日本平山頂シンボル施設基本構想策定委員会」で、委員の一人が「日本のシンボル富士山にふさわしい日本一の施設にすべきだ」と発言していた。その議論を聞きながら、芭蕉の俳句「霧しぐれ富士を見ぬ日ぞ面白き」が頭に浮かんだ。富士山の眺望がなかったとしても、日本平夢テラスは「面白き」時間を過ごせる「日本一」の展望台になったのだろうか?

現場へ行く

駿府城天守台は”日本一” なぜ、国の史跡ではないの?

「秀吉の天守台」発見の意味は?  静岡市の駿府城公園で調査が進む家康大御所時代の駿府城天守台発掘現場へ行った。そこで配布された資料に『秀吉の天守台』と書かれていた。秀吉が駿府城を築城した事実はない。この意味は、中井均・滋賀県立大学教授コメントの「天正18年(1590)に豊臣秀吉によって駿府に入れおかれた中村一氏(かずうじ)が秀吉の支援を受けて築いたものであることは間違いない」によっているらしい。どう考えても、『秀吉の天守台』という表現は正確ではない。  1590年秀吉は小田原の北条を攻めて滅亡させ、家康は関東8カ国、近江・伊勢などの支配に配置替えにされる。8月家康は江戸城に入る。それに伴い、秀吉の重臣中村一氏が駿府17万5千石の大名となる。その後、1600年一氏の子、中村忠一(ただかず)は駿府より伯耆米子17万5千石に移る。1601年駿府城に内藤信成が入り、4万石大名となった。  秀吉に比べて、中村一氏の知名度が低いとはいえ、17万5千石の立派な大名であり、静岡市が作成した資料の『(秀吉の)子飼いの部下』や『秀吉の天守台』という表現は、中村一氏に少し失礼ではないか。  今回発掘の新発見は、中村一氏時代の駿府城天守台跡、そこに使われた「大量の金箔瓦」(約330点)だそうだが、金箔瓦の展示はなかった。ことし2月に報道された「日本一の大きさ」の天守台が気になっていて、今回はまず、家康時代の天守台跡を確認して紹介したい。 国指定の史跡として活用を  駿府城天守台発掘調査寄付金募集のパンフレットに「江戸城よりデカいかも?」というキャッチコピーが踊っていた。駿府城天守台は約68㍍×約61㍍あることが発掘調査でわかり、約45㍍×約41㍍の江戸城天守台より「デカい」ことがわかり、静岡市では「日本一」とPRしている。  駿府城再建を求める市民運動の声に押され、3年前、田辺信宏市長は天守台発掘調査事業をスタートさせた。発掘現場見学会で、テレビインタビューに男子小学生が「こんなすごいものがすぐ近くにあってびっくりした」と自慢げに答えていた。さまざまな新発見が続き、市民の関心は高くなり、駿府城史跡の歴史的意義は大きくなっている。  「日本一」について、「昭和6年(1931)大阪市民らによって建設された大阪城の下に埋まっている秀吉、秀頼時代の大坂城はもっと大きかった可能性もあるのでは?」と市担当者に質問した。担当者は「日本一」の定義を、「現在わかっている範囲で”日本一”」と訂正してくれた。  すばらしい発掘の成果にけちをつけるようで申し訳ないが、歴史事実は非常に難しい。ノーベル賞を受賞した本庶佑氏も「教科書にあることを頭から信じない」と述べた。教科書だからと言って鵜呑みにすることの危険性を述べたのだろう。ものごととは多角的な方向から検証すると、一つの事実だけでなく、さまざまな方向から違う“事実”が見えてくる。ときには、正反対の事実もある。  静岡市民にはいろいろな意見を持つ人がいる。駿府城天守台跡発掘によって、駿府城公園をどのように活用していくのか課題になるが、市民の誇れる場所として全国へ発信してほしい。現在の都市公園ではなく、”国宝”と同じ意味を持つ国史跡文化財とすべきではないか。一長一短があり、まさに議論がわかれるところだが、”日本一”の天守台を見るために全国から多くの観光客らが詰め掛ける場所にしてほしい。  

現場へ行く

震度6強で倒壊 静岡街中の「危ないビル」とは?

いつ起きてもおかしくない東海地震  ことしは大地震や台風の当たり年だ。静岡県は昔から「東海地震」がいつ起きてもおか しくない、と言われてきた。東海地震説から40年以上もたっているから、本当にいつ起 きても不思議ではないかもしれない。  そんな不気味な雰囲気の中で、静岡市は「要緊急安全確認大規模建築物の耐震診断結果」 による「倒壊する危険性の高い(Ⅰ)」建物を発表した。言うなれば、「危ないビル」とい うわけだ。静岡の街中にあるリスクの高いビルとは? 震度6強程度の地震が起きたとき、倒れてしまう恐れのあるのは「静活ボウリングビル」 (静岡市葵区七間町4-3)だと発表した。 来年から解体工事がスタート  久しぶりに静活ボウルにちょっと、見にいってみた。七間町通りの入り口は自転車がびっしり。3階 に名前の由来となっているボウリングセンターがあった。高校生グループ、家族連れなど でにぎわい、ボウリングを楽しんでいた。2階のゲームセンターにも子供たちや親子づれ が目立った。1階の表通りにはゲームセンターで子どもたちがバーチャル運転を楽しむ、 奥に入ると、1玉1円のパチンコとこちらは高齢者から若い人まで大勢が真剣な表情で楽 しんでいた。  この耐震診断は、1981年以前の旧耐震基準に適合しない3階建て以上の施設が対象。 「静活ボウリングビル」は1970年に建設されたから、2年後に創業50年を迎える。  静岡市の発表では、 2019年8月頃、解体して建て替え工事に入る予定と言うことだが、さて、次はどんな施設になるのか?ただし、それまでは十分注意してほしい!